古郡建設

New from the past create

頑張る新人君!

■蜂須 香(はちす かおり)

2017年4月入社 建築部
埼玉県出身/東京日建工科専門学校 インテリアデザイン科 卒業

どのような学生時代でしたか?

幼少のころからスポーツをやっていて、小学校はサッカー、中学校でソフトボール、高校でバスケを始めたのですが、学生時代はずっとスポーツをやっていました。修学旅行に行っても北海道の海辺を走るくらい、バリバリの体育会系でした。その影響か、負けず嫌いな性格です。

建築分野に興味を持ったきっかけは?

小さいころから家を建てるのっていいなと思ってはいたのですが、キッカケとなったのは、自宅のキッチンをリフォームした時です。親から「どれがいい」と聞かれ「これがいい」と言ったキッチンに実際になった事で感動を覚えました。当時は、就職を考えていませんでしたが「楽しいなぁ」「やってみたいなぁ」とは思いました。実際に建築を志したのは専門学校に行ってからです。

古郡建設を選んだ理由は?

専門学校のインテリアデザイン科では、壁の素材や色など、主に内装のデザインを学びました。どちらかというと、インテリアコーディネーターの勉強をしていましたが、もっと広い意味での建築で自分の学んできた事を活かせるのではないかと思ったのと、地元での就職を強く望んでいたこともあり、両親や周りの勧めで古郡建設を選びました。また、母校の本庄高校のセミナー棟を建てていただいた事で知っていたというのも、決め手になりました。
何社かの企業説明会に参加しましたが、その中でも古郡建設が一番良かったんです。硬くなかったんですよ。他の会社は圧迫されていると言うか、会社に見学に行った際、人事の方などが近寄りがたい空気を出していたんです。言い方は失礼ですが、「自分には合わないなぁ」と思ったんです。それに引き換え古郡建設では、周りの方の雰囲気がとても良く、分からないことも丁寧に教えてくれました。

入社する前と入社した後でギャップはありましたか?

無かったです。特に悪いイメージもなかったですし、よくみんな言うのですが、入ってきた時に「いらっしゃいませ」という雰囲気だったり、ギクシャクした感じがなく、みんな仲が良いんだなぁと感じます。気さくな人が多くコミュニケーションをとるのがうまい人が多いです。強いて言えば、建設業って、怖くて堅い人が多そうだと思っていたのですが、話してみるとそんな事なく優しくて面白い人が多いと気付きました。

配属が決まってどうですか?

研修中は、同期の女子3人一緒だったので、やる事も3人で分担してという感じだったのですが、研修を終え当たり前ですが1人になってしまったので、ちょっと心細いです。また研修中の現場では、年の近い先輩もいて若い人が多かったですが今は所長と2人なので、がらりと環境がかわりました。気を引き締めるじゃないですが、私がやらなきゃという気持ちです。

古郡建設の魅力は何だと思いますか?

行事が多い所です。入社する前にパンフレットで行事が書いてある所があったのですが、他社に比べて結構多いと思いました。入社してまだ半年ですが、花見に社員旅行、地域のお祭りにも参加しました。まさか自分がビショビショになりながら神輿を担ぐことになるとは思いませんでしたね(笑)。でも楽しかったです。自分は結構そういうの好きなので。
それと会社全体で地域貢献への思いがあるという所です。深谷愛とでも言いますか、私自身地元なので、そういう思いは強いです。

現在の仕事についてまわりは?

よく服を汚して帰ったりするのですが、それを親に「すごい汚れたね」と言われたり、私の要領が悪くて帰りが遅くなったりすると、心配されます。でも自分でやりたくて選んだ道なので、親は応援してくれています。

現在の仕事内容

現在は熊谷ラグビー場の改修工事に携わっています。ここはラグビーワールドカップ2019日本大会の会場の一つとなります。バックスタンドの防水工事を行っています。その中で私は工事の写真を撮ってまとめたり、図面を直したりするのが主な仕事です。時には職人さんのお手伝いと言いますかサポートをすることもあります。

この仕事の面白味は

建物が形になっていく姿を一番近くで見ることができる事です。ただ今は解体作業がメインなので、ずっと剥がしたり、壊したりが続いています。ですから、この作業が終わって新たに建て替えるのが、今から楽しみです。

辛いなと思う時はありますか?

辛いというか、自分でできない事があるのが嫌ですね。そしてそれを妥協してしまう自分がもっと嫌です。

これからどのような「自分」になりたいと思いますか?

責任を持てる「自分」です。先ほども言ったように研修先で女子3人だったのですが、私以外の2人は大卒ということもあり、2つ年が上だったんです。おねえちゃんタイプというか、色々とやってくれる方たちだったので、自分で考えて、自分のことを自分でできるようになりたいですね。頼られるというわけではないですが、職人さんに何を聞かれても、ちゃんと応えられるようになりたいですね。
今は不安が強く、ネガティブなことばかり考えてしまうのですが、そういう所を克服するには「できるようになる」しかないのかなと思うので、知識や経験を身につけて「できる」ようになりたいです。

古郡建設の後輩になるかも知れない方々にメッセージを

初めはわからないことが沢山ありますが丁寧に教えてくださる優しい先輩ばかりなので仕事が楽しくできます。一緒に明るく楽しく仕事をやりましょう!

Copyright (C) 2003-2015 Furugori Constructure Co, Ltd. All rights reserved. 古郡建設株式会社
| Site Map | Privacy Policy | Site Policy |