古郡建設

New from the past create

頑張る新人君!

■丸岡 慶吾(まるおか けいご)

2017年4月入社 土木部
埼玉県出身/熊谷工業高校 土木科 卒業

どのような学生時代でしたか?

3年間ソフトテニス部で毎日部活づけの日々でした。結構、体育会系のノリでした。学業は、測量などの体験実習が楽しく、そこからこの道に進みたいという気持ちになっていきました。

建築分野に興味を持ったきっかけは?

家から近かったので、熊谷工業の土木科を受験しました。高校で勉強をしていくうちに興味が出てきました。

古郡建設を選んだ理由は?

最初のキッカケは古郡建設にいた親戚からの勧めでした。そこから興味を持ち、古郡建設に勤める高校時代の部活の先輩に詳しく仕事内容などを聞いて気持が固まりました。その後、学校の先生からも勧められたので志望しました。

入社する前と入社した後でギャップはありましたか?

思い描いていた通りでした。実際に働いている親戚や先輩から、色々な話を聞いていたので、特にギャップというのはありませんでした。
強いて言えば、入社前は、職人さんに対して怖いというイメージでしたが、話してみるととても優しくて全然怖くなかった事です。

古郡建設に入社して感じたこと

先輩や上司などひとりひとりがとても優しく、分からないことも丁寧に教えてくれるところです。
また、社員同士の仲がとても良いと感じています。先輩や上司などひとりひとりがとても優しく、分からないことも丁寧に教えてくれ、食事に誘ってくれることもあります。
また、同期も全員とても仲が良く、皆で集まって同期会しています。

古郡建設のイベントについてはいかがですか?

とても多いと思います。一番印象に残ったのは社員旅行です。鹿児島に行ったのですが、普段見れない上司や先輩の一面を観ることができ楽しい旅行になりました。
入社してすぐの花見では、新入社員ということもあり自己紹介をするのは、すごく緊張しました。
7月の八坂祭では皆で神輿を担ぎました。汗をかいたり、水をかけられてビショビショになりながら神輿を担ぐのは大変でしたが、貴重な体験ができました。

配属が決まってどうですか?

10月に土木部に配属され、現在は尾俣橋の架換工事を担当しています。古い橋を撤去して新しい橋をかけるという工事です。結構大きな橋で完成は来年の3月です。現在(10月現在)は橋の杭(基礎)を建てているところで、残り約5ヶ月で完成させなければいけない為、かなりハイペースな現場だと思います。
私の主な仕事内容としては、測量と写真撮りです。特に写真撮りは、かなりの頻度で行っています。
今、新人ということもあり、分からない事ばかりなので、覚える事がいっぱいあり、できない自分が歯がゆく感じています。

この仕事の面白味は

自分が関わった建物や公共施設が完成した後、改めて見るととてもやりがいがあると思います。

携わりたい現場などありますか?

今後は、築堤(堤防)に携わりたいと思っています。現場研修で、何度か堤防の現場に行った時に、すごく楽しかったので、今度はぜひ自分の現場として働いてみたいと思いました。

古郡建設の魅力は何だと思いますか?

1人1人が高い意識を持って行動しているところです。上司や先輩を見ていて、あいさつや職人さんとのコミュニケーション、自分の仕事をやっている時など、とても意識が高いと感じます。自分もそれを見習いたいと思っています。

これからどのような「自分」になりたいと思いますか?

できない事ができるようになるのが当面の目標です。人に言われる前に自分で物事を考えて行動できるようになりたいです。また、職人さんに頼られるようになりたいですし、いずれは自分の現場を持ちたいと思っています。
現場監督になるには、施工管理の国家資格が必要になります。その為今後は資格取得に向けて勉強も頑張っていきます。

古郡建設の後輩になるかも知れない方々にメッセージを

就職に際して、不安に思っている人は多いと思いますが、古郡建設の人はみんな優しい人ばかりなので、安心してください。明るく元気な会社です。
また、勉強はしっかりしていた方が良いと思います。私自身、身にしみて感じています。土木科で学んだ事は今後役に立ちます。

Copyright (C) 2003-2015 Furugori Constructure Co, Ltd. All rights reserved. 古郡建設株式会社
| Site Map | Privacy Policy | Site Policy |