古郡建設

New from the past create

頑張る新人君!

■藤井 欣文(ふじい よしふみ)

2016年4月入社 建築部
埼玉県出身/ものつくり大学 技能工芸学部建築学科 卒業

どのような学生時代でしたか?

大学は建築学科に所属していました。
専攻の動機は…建築志望の友人に感化されたことです(笑)。

課題がとても多い大学でしたが、早く自由な時間が欲しいと思って4年生になる前までに卒業に必要な単位を全て取りました。周りからは、よく意外だと思われます(笑)。

授業は半分くらいが実習系、外部からの職人さんにいろいろと教えていただき、自分も作ることが好きだったので楽しんでやっていたと思います。何だかんだでいい大学でした! 大学の4年間、欠かさずにやっていたことといえば…毎朝晩、自宅近くの荒川の土手を走っていました。それから近所でバレーボールを。高校時代にバレーボール部に所属していた流れで。サークルとかに入っていたわけではなく、近所のママさんバレーのグループから「ちょっと来て!」って誘われて。ちなみに高校時代の部活では、背はそこそこありますが、バレーをするには少し小柄なので拾い専門。リベロを極めようと思い…極めました!でも打ちたかったです…バシッと決めてキャーって騒がれて…夢でした(笑)。
チームは朝練含めてかなりハードに練習をしていましたが、いかんせん弱小だったので「目指せ!春高バレー」みたいな熱血系とは違い、楽しい部活でした。

飲める歳になってからは、よく飲み屋へ。資金源は本屋でのバイト。家に近いという理由で選んだバイトです。
なんだかアニメ関係ばかり置いていている不思議な本屋で、やってくるお客さんはアニメオタクみたいな感じ。しかもほとんどが女性。
自分の大学は男ばかりでしたので、なんじゃこりゃ…??って。今の女の子たちって、こんなに激しくアニメが好きで、こんなに詳しくって…このバイト生活で、自分の女性観が変わりました。なんだか怖い…自分はアニメ、全くわからないので特にそう感じたのだと思います。

古郡建設との出会と入社までは?

実は大学時代に自分を変えるきっかけになった事があります。
あるとき友人達と話をしていて、みんな1年生の時から自分の将来イメージを持っていると知った事!友人の影響を受けて何となく建築に進んだ自分でしたが、同級生たちは“建築家になる”などの目標をしっかりと持っていて、衝撃を受けました。
そろそろ自分もまじめに生きていく時が来たのかな…これが大人になっていくって事なのかな…なんて。そこから就職を真剣に考えるようになりました。

就活に際しては、さらにいろいろと考えてしまい、結局活動を始めたのは年明けから。同級生の中では一番遅い(笑)。
そのような状況でしたが、古郡建設で現場見学をさせていただきました。1回目の現場見学では、現場監督って何なの?くらい何も知らなくて。

このような自分を採用してくれた古郡建設、本当に恩義を感じています。
お世話になる以上はきちっりと仕事をする!そう考えて入社させていただきました。

入社してからは?

最初に入ったのは、鳩山の老人ホーム。RC造(鉄筋コンクリート造)の現場です。
自分が入った時は2階までできていて、3階の柱の鉄筋を圧接しているところでした。正直、新鮮で感動!
そこの現場の先輩達がいろいろと教えてくれて、まずはメモを取れとか。本当に建築科出身なの?と、自分でも疑問符が出るような状態だったので、ここへの配属はとてもありがたかったです。

ここの現場は7月までいたのですが、最後にやらかしてしまいました。初めて自分で図面を作って墨付けをやりましたが、そこにズレがあって…。
普段でも迷惑をかけているのに、さらに輪をかけて迷惑をかけてしまって…改めまして、フォローしていただいた諸先輩のみなさん、職人さん、本当にすみませんでした。

次が岡部の自動車工場。今の現場で8月の半ばからです。その頃はまだ根切(ねぎり)をやっていて、最初の方の工程でしす。
今は基礎のコンクリート打ちが終わり、埋め戻しの工程へ。自分の役割は主に墨付け。
アンカー芯と間柱(まばしら)の芯とかを出す事から始めて…現場監督の小峯さんにいろいろとついて回り、とても勉強をさせていただいています。ありがとうございます!

これまでに、諸先輩方からちょっとずつ教えてもらって半年経った今、ここはこうしたほうがいいのでは?みたいな考えが、先回りしてできるようになってきたと思います。
もちろんまだ具体的ではなく、あくまで感覚的ですけど。そんなところに自分の成長をちょっと感じたりしています。楽しいですよ!
それから、最近は職人さんたちからもいろいろと声をかけてもらえるようになってきて…コミュニケーションもいい感じでとれるようになってきたと思います。

さらに最近理解したこと…休日の過ごし方を充実させると、次の一週間の仕事も充実させられる!休みの日が無駄にならないよう、もっとうまく使えるようになろうと思います。

これからどのような「自分」になりたいと思いますか?

まだまだ未熟ですが、みんなから認めてもらえるようになりたいですね。

古郡建設の後輩になるかも知れない方々にメッセージを

遊びと勉強のメリハリをきちんとつけましょう!遊び一本だった自分が今になって言うのですから間違いないです!

周りの方や職人さんから「古郡建設に入って正解だよ」「面倒見が良くて人を育てるのが上手い会社」とよく言われます。古郡建設の自慢できる事の一つだと思います。

では、みなさんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています!

Copyright (C) 2003-2015 Furugori Constructure Co, Ltd. All rights reserved. 古郡建設株式会社
| Site Map | Privacy Policy | Site Policy |